- JSNET
 
 急性脳主幹動脈閉塞症の実態に関する後ろ向き共同研究
rt-PA静注療法が本邦で承認された2005年10月以降の脳主幹動脈急性閉塞症の実態を後ろ向き調査により明らかにし、今後の治療法の開発や治療の検証に活用する資料とするために実施した。その研究計画と中間報告を掲載します。

 研究概要 中間報告(2009年学術総会報告抜粋)
第34回 学術総会 WFITN2017