NPO法人日本脳神経血管内治療学会 特定個人情報等の適正な取扱いに関する基本方針(プライバシーポリシー)  2016.2.25

NPO法人日本脳神経血管内治療学会(以下「本会」という)は、個人番号その他の特定個人情報(以下「特定個人情報等」という)の取り扱いが安全かつ適正に行われるよう取り組むことが本会の社会的責務であると考え、以下の基本方針に従って、特定個人情報等を適切に取り扱います。

1. 特定個人情報の定義
 本会の会員情報(住所、所属、氏名、電話番号、E-mailアドレス、個人番号等特定の個人を識別できる情報)を指します。

2. 関係法令・ガイドライン等の遵守
 本会は、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」、「個人情報の保護に関する法律」および「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン」を遵守して、特定個人情報の適正な取扱いを行います。

3. 安全管理措置に関する事項
 本会は、特定個人情報等の漏えい、滅失又は毀損を防止するとともに特定個人情報等を適切に管理するために取扱規約を定め、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。

4. 委託先の監督
 特定個人情報等の取扱いについて、第三者に委託する場合には、十分な特定個人情報保護の水準を備える者を選定するとともに、契約等により安全管理措置を講じるよう定めた上で、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

5. 継続的改善
 本会は、特定個人情報等の保護が適正に実施されるよう、本基本方針及び事務所内規程類を継続して改善します。

6. 質問や苦情処理等の窓口
 本会は、対応する窓口に届いた特定個人情報等に関する問い合わせや苦情等に対して、適切かつ誠実、迅速に対応します。



 
   

日本脳神経血管内治療学会 個人情報保護指針(プライバシーポリシー) 2005.6.1

2005年4月1日より「個人情報の保護に関する法律」が全面施行されることに伴い、日本脳神経血管内治療学会(以下、学会)は、下記のように個人情報保護指針を定めます。

個人情報の定義
 学会の会員情報(住所、所属、氏名、電話番号、E-mailアドレス等特定の個人を識別できる情報)を指します。

個人情報の収集
 学会がその運営上個人情報の収集を必要とする場合は、収集目的を通知した上で、会員の同意の下に必要な範囲の個人情報を収集します。

個人情報の利用範囲
 学会は会務を遂行する範囲に限定して収集した情報を利用し、それ以外の用途に使用することはありません。

第三者への開示・提供の禁止
 学会は、会員より収集した個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、いかなる第三者にも開示・提供しません。
 (1)会員の同意がある場合
 (2)会員が希望されるサービスを行うために本会が業務委託先に必要な範囲で開示する場合
 (3)法的な手続きに基づき開示を求められた場合

法令・規範の遵守と見直し
 学会は、個人情報に関して適用される法令・規範を遵守するとともに、会員の個人情報の保護をさらに徹底するため、上記各項における取り組みを必要に応じて見直し、改善します。

個人情報の照会・訂正・削除
 会員の個人情報の照会、訂正、削除については、下記の問い合わせ窓口まで本人から連絡してください。

個人情報の管理および保護、責任者
 学会は会員情報の運用管理に関し、通信の暗号化、外部からの不正アクセスの遮断等の最善のセキュリティ対策を実施し、さらに個人情報を扱う職員には法令遵守意識の徹底および物理的対策を講じることにより、情報の不正流用、改ざん、外部への漏洩のないよう最善の注意を払います。学会における個人情報の管理に関する責任者は、学会長とします。

2005年6月 日本脳神経血管内治療学会 (2005年5月31日運営委員会承認)

 

 
第33回 学術総会 WFITN2017