日本脳神経血管内治療学会 放射線技術部会

 

新しいお知らせ

 ■ 「脳血管内治療に関する診断参考レベル構築のための医療被ばく実態調査 (Re-JDRL study)」ご協力のお願い

『進捗状況』

日本脳神経血管内治療学会では、日本放射線技術学会(JSRT)との合同医療被ばく実態調査 (Re-JDRL study)2018822日から開始しております。1115日現在,仮登録86施設、内IRB通過20施設となっております。ご協力頂いております施設様には心より御礼申し上げます。

本調査は、今後行われる医療法施行規則の改正(平成 30 年秋公布予定、平成 32 4 月施行)に向けた「診断参考レベル」構築のための基盤データとなるものであり、できるかぎり多くのデータによって被ばく防護の最適化につながる診断参考レベルの構築を目指しております。また同時に各施設における「防護の最適化」プロセスで必須となる自施設データの集計作業でもあります。

まだご参加下さっていないご施設さまにおかれましては、ご多用の折、大変に恐縮ではございますが、どうぞ本調査にご協力下さいますようお願い申し上げます。

『お知らせ』

1.       すでに配布済みのデータ入力シート(様式1)ver1.3)に不具合があり、大変ご迷惑をおかけしておりましたが、修正を行いました最新バージョン(ver1.6)を用意しておりますのでご使用下さい。

2.       データ入力シートAY列、撮影フレーム数について,本調査ではDSA撮影フレーム数だけを記入して下さい。それ以外のもの(例:3D-RACBCT、透視保存によるフレーム数)は記入しないで下さい。データが混在する場合は、「(U)不明」を選択して下さい。

3.       本調査では、患者情報の他、患者被ばくデータ(装置表示線量)や撮影条件などの入力が必要となります。その際には是非ご施設の診療放射線技師にご相談下さい。

4.       昨今厳しくなるIRB申請ですが、IRB申請書類の作成のポイントなども、仮登録をされたご施設さまには配布いたしておりますのでお役立て下さい。

5.       前回、Re-JDRL studyへのご協力依頼メールにて「(資料 2)Re-JDRL_研究企画書」および「(資料 3)Re-JDRL_ 研究フローチャート」「(様式 1)Re-JDRL_線量調査シート」「(様式 2)Re-JDRL_研究参加依頼書」をお送りいたしておりますが、資料再送のご希望、Word版資料のご希望、参加希望(施設仮登録)の御連絡、その他本調査に関するお問い合わせは、研究事務局(産業医科大学 盛武 敬: moritake(at)med.uoeh-u.ac.jp)にお寄せ下さい。 ※ (at)は@(アットマークは半角)に置き換えて下さい。

 

(様式1Re-JDRL線量調査シートver1.6は下記URLからダウンロードして下さい。

     http://urx2.nu/Ot0g

  New! Re-JDRL線量調査シートの「よくある質問と回答」については、下記URLをご参照ください。
              
http://urx2.nu/Y7ZM

 
 何卒ご高配を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

 ■ 準会員登録のお願い

医師以外の職種の方で、準会員へ登録希望の方は、標題を「準会員の登録希望」とし、また、医師以外の正会員の方が準会員へ登録変更する場合は、標題を「会員種別を正会員から準会員へ変更希望」とし、jsnet@imic.or.jpまでお申し出ください。

 ■ 第34回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 講義資料の一部公開

  講義された先生方のご厚意により、資料を公開いたします。自施設のレベルアップにご活用下さい。

『血管内治療支援のためのマルチモダリティによる評価-MRI』
 東京慈恵医科大学葛飾医療センター 鈴木宏明先生
 http://urx2.nu/PQmE

『血栓回収療法での時間短縮に向けた取り組みと臨床的転帰改善効果について』
 岩手県立中央病院 平一馬先生
 http://urx2.nu/PQmI

『当院におけるCBCTを使った脳幹流画像の臨床使用例』
  会津中央病院 小沼真一郎先生
  http://urx2.nu/PQmL

『頭蓋内ステントの内腔観察におけるIV-Cone BeamCTの有用性』
  埼玉石心会病院 河原大悦先生
  http://urx2.nu/PQmQ

『脳卒中A選定搬送時のチーム力向上のために』
  昭和大学江東豊洲病院 高松幸子先生
  http://urx2.nu/PQmU

『脳動脈瘤治療に対する3D-CTAAngiography(3D-CTA)の撮影手技と役割』
  札幌医科大学附属病院 平野透先生
  http://urx2.nu/PQmY

 

過去のお知らせ


       ■ 
準会員、放射線技術部会の創設について(2016.11.30)

 

 

準会員の設立

  医師以外の会員が、準会員となることで論文投稿や学術集会への参加、委員会活動などの学会活動を行う事ができます。

   註1. 現在、医師以外の正会員は、2016年度(2016.10-2017.9)から準会員に変更するよう準備をしています。
     医師以外の正会員は、準会員への変更にあたり、既納の年会費を精算いたします。

   註2. 準会員の入会受付は準備が整い次第、本HPに公告致します。
     なお、資格審査委員会の審査に基づき、医療に従事していない方など入会をお断りすることがあることを予めお知らせいたします。

 

放射線技術部会の創設

  1. 日本脳神経血管内治療学会学術大会長を補佐するために、放射線部門の企画運営を行う放射線技術部会を設けました。

  2. 放射線防護委員会に診療放射線技師を委員として指名します。

  3. 発足時の運営委員は、以下の通りです。

 

運営委員長 横山 博典 国立循環器病研究センター
総務委員会 濱田 智広 大分大学医学部附属病院
瀬口 繁信 名古屋第二赤十字病院
大会担当委員会 松本 一真 兵庫医科大学病院
能登 義幸 新潟大学医歯学総合病院
星川 敦司 香川大学医学部附属病院
一ノ瀬 良二 小倉記念病院
学術委員会 高橋 大樹 国立病院機構仙台医療センター
平野 透 札幌医科大学附属病院
宮川 潤 信州大学医学部附属病院
被ばく防護委員会 坂本 肇 山梨大学医学部附属病院
川内 覚 虎の門病院
人見 剛 川崎医科大学附属病院
ホームページ委員会 今関 雅晴 千葉県救急医療センター
栗山 巧 東京健康科学大学ベトナム

 

 

第35回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 WFITN2019 WFITN2021