日本脳神経血管内治療学会 放射線技術部会

 

 新しいお知らせ

 ■ New! 令和2年7月3日にDRL2020が公開されました。

頭部/頸部領域の DRL 値

調査期間:
2018 年 8 月 20 日~2019 年 9 月 30 日

調査方法:
日本脳神経血管内治療学会の放射線防護委員会がアンケート内容を立案し、Excel にて作成したアンケートをメールで送付し、後ろ向きにデータを収集し、返信されたデータを集計、解析した。また、日本放射線技術学会の学術研究班(DRLs2015 の血管撮影・IVR分野における効果検証および追加項目に関する検討)がアンケート内容立案と回収に協力した。

対象施設:
日本脳神経血管内治療学会会員が所属(常勤・非常勤問わず)する全施設を対象とした。

対象症例:
2015 年 1 月 1 日から 2017 年 12 月 31 日までに施行された頭部/頸部領域の診断血管撮影と血管内治療について、連続する各 100 症例(計 200 症例)を、100 症例に満たない場合には調査対象期間内の症例を対象とし、各施設の中央値を解析に用いた。

回答内訳:
91 施設から回答があり、16,868 症例のデータが集計された。

血管内治療では、最も線量が高い脳硬膜動静脈瘻と最も線量が低い頸部頸動脈狭窄/閉塞(待機的)を比較すると Ka,rで約 6 倍の差が生じている。このため血管内治療においても診断血管撮影と同様に、主要な 6 疾患群に対してそれぞれ DRL 値を設定した。なお、各疾患群をさらに詳細に分類した解析データを、日本脳神経血管内治療学会からガイドラインとして報告する予定であるので参考にしていただきたい。

詳細は下記URLを参照下さい。
http://www.radher.jp/J-RIME/report/JapanDRL2020_jp.pdf

 

 ■ 第35回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 講義資料の一部公開しました.

●技師CEP2血管3Dモデルの臨床応用
『脳動脈瘤コイル塞栓術における3Dプリンターを使用した血管模型作成』
八戸市立市民病院 第一放射線科
吉田雅貴 先生
https://drive.google.com/open?id=1RUpcUBNx-9t8JnZWcvIZNlX8DnI7u-kO

『破裂脳動脈瘤コイル塞栓術における3Dプリンタでの血管モデル作成の検討』
石心会 川崎幸病院 放射線科
齋藤一樹 先生
https://drive.google.com/file/d/1NfThvciVSEIwwONP7XXNbDii-cCAaKzu/view?usp=sharing

『3Dプリンタによる血管モデルを使用した脳動脈瘤塞栓術への手術支援アシスト』
愛知医科大学病院 中央放射線部
村瀬弘樹 先生
https://drive.google.com/file/d/1C2cstodyOEkNmv6qhIyP9lCJuGf23WNL/view?usp=sharing

●技師シンポ2各モダリティ-においての術後フォローについて
『当院のフローダイバーター留置後の評価における1.5T MR装置での撮像シーケンスの検討』
信楽園病院 診療放射線科
藤田正樹 先生
https://drive.google.com/file/d/1neuYwGoQ1aWRu-VjF3_IUY9YPFVVCAkN/view?usp=sharing

『異なる装置間でのステント支援脳動脈瘤塞栓術後の3D TOF MRA撮像パラメータの検討』
一般財団法人 平成紫川会 小倉記念病院
松崎静信 先生
https://drive.google.com/file/d/1ATsqaWj9dECjWzAlPVufYYU4W9xlHl_1/view?usp=sharing

●技師シンポ1CFDについて
『血流解析ソフトウェアを用いた数値流体力学のSTL画像変換が解析結果に及ぼす影響について』
昭和大学横浜市北部病院 放射線技術部
中井雄一 先生
https://drive.google.com/open?id=1jQ6PF4Pedv-29PQuOCiuRTH_1HPvq0ru

『CTAデータを用いたCFD解析における母血管径補正方法の検討』
千葉県救急医療センター 検査部放射線科
野口和希 先生
https://drive.google.com/file/d/1r4tGjY-yg3HuYrB6SE_hLmqcN-6VxCVu/view?usp=sharing

『CFDでのCTA形状描出設定が解析に与える影響』
太田綜合病院 附属 太田西ノ内病院 放射線部
大原亮平 先生
https://drive.google.com/open?id=1wlY6HlDGZyynq8bCPXdj9-s6WMED-YXo

 過去のお知らせ

       ■ 準会員、放射線技術部会の創設について(2016.11.30)

       ■ 準会員登録のお願い
    医師以外の職種の方で、準会員へ登録希望の方は、標題を「準会員の登録希望」とし、また、医師以外の正会員の方が準会員へ登録変更する場合は、標題を「会員種別を正会員から準会員へ変更希望」とし、jsnet@imic.or.jpまでお申し出ください。

       ■ 「脳血管内治療に関する診断参考レベル構築のための医療被ばく実態調査 (Re-JDRL study)」ご協力のお願い

       ■ 第34回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 講義資料の一部公開 

 準会員の設立

  医師以外の会員が、準会員となることで論文投稿や学術集会への参加、委員会活動などの学会活動を行う事ができます。

   註1. 現在、医師以外の正会員は、2016年度(2016.10-2017.9)から準会員に変更するよう準備をしています。
     医師以外の正会員は、準会員への変更にあたり、既納の年会費を精算いたします。

   註2. 準会員の入会受付は準備が整い次第、本HPに公告致します。
     なお、資格審査委員会の審査に基づき、医療に従事していない方など入会をお断りすることがあることを予めお知らせいたします。

 

 放射線技術部会の創設

  1. 日本脳神経血管内治療学会学術大会長を補佐するために、放射線部門の企画運営を行う放射線技術部会を設けました。

  2. 放射線防護委員会に診療放射線技師を委員として指名します。

  3. 発足時の運営委員は、以下の通りです。

 

運営委員長 横山 博典 国立循環器病研究センター
総務委員会 濱田 智広 大分大学医学部附属病院
瀬口 繁信 名古屋第二赤十字病院
大会担当委員会 松本 一真 兵庫医科大学病院
能登 義幸 新潟大学医歯学総合病院
星川 敦司 香川大学医学部附属病院
一ノ瀬 良二 小倉記念病院
学術委員会 高橋 大樹 国立病院機構仙台医療センター
平野 透 札幌医科大学附属病院
宮川 潤 信州大学医学部附属病院
被ばく防護委員会 坂本 肇 山梨大学医学部附属病院
川内 覚 虎の門病院
人見 剛 川崎医科大学附属病院
ホームページ委員会 今関 雅晴 千葉県救急医療センター
栗山 巧 東京健康科学大学ベトナム

 

   4. 現在の運営委員は、以下の通りです。

 

運営委員長 横山 博典  
総務委員会 高木 育也 大分大学医学部附属病院
西條 貴哉 名古屋第二赤十字病院
大会担当委員会 松本 一真 兵庫医科大学病院
星川 敦司 香川大学医学部附属病院
一ノ瀬 良二 小倉記念病院
学術委員会 高橋 大樹 国立病院機構仙台西多賀病院
平野 透 札幌医科大学附属病院
宮川 潤 信州大学医学部附属病院
被ばく防護委員会 坂本 肇 順天堂大学
川内 覚 虎の門病院
人見 剛 川崎医科大学附属病院
ホームページ委員会 今関 雅晴 千葉県救急医療センター
能登 義幸 新潟大学医葉学総合病院
海外委員 栗山 巧 東京健康科学大学ベトナム
第36回学術総会実行委員 安樂 摩美 京都大学医学部附属病院
第37回学術総会実行委員 富永 雅也 福岡大学筑紫病院
第38回学術総会実行委員 西川 峰生 国立大阪医療センター

 

第36回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 WFITN2021