ダイバーシティ推進委員会 メール相談窓口設置について

 ダイバーシティ推進委員会では、会員の諸問題に対処・支援し、環境改善を図るための取組を行っています。
そこで、問題点の抽出を目的とした会員向けの相談窓口を設置しました。専門医制度などに関するキャリア相談、ダイバーシティの視点から学会に対する要望・ご意見などありましたら、メールタイトル「ダイバーシティ推進委員会 メール相談」で学会メールアドレス(jsnet-admin@umin.ac.jp)までお送り下さい。
 ダイバーシティ推進委員会で議論致します。

 *なお、職場のハラスメントなどに関する相談は受けかねます。自施設のハラスメント委員会等にご相談ください。

 日本脳神経血管内治療学会 ダイバーシティ推進委員会

  会員向けアンケート結果 (JSNET2021発表)

 本学会会員に関する諸問題の抽出を⽬的に、2021年8-9⽉に⾏いました医師会員向けアンケート結果を公表します。
 本内容はJSNET2021 ダイバーシティ推進委員会企画シンポジウムで発表された内容です。
 講演/発表などで⼀部抜粋する転載は会員の責任範囲内で可能ですが、書籍,webサイトなどの電⼦媒体に図表を転載する場合は事務局に御連絡ください。

 

 女性医療従事者の胎児被ばくについて

 上記の会員向けアンケートにおいて意⾒の多かった⼥性医療従事者の胎児被ばくに関する指針について、参考資料としてJCS 2021年度版循環器診療における放射線被ばくに関するガイドラインをリンク掲載しました(第2章、放射線安全管理の基礎知識、第4項、⼥性医療従事者の胎児の被ばく) 。

「2021年改訂版循環器診療における放射線被ばくに関するガイドライン」

 講演/発表などで⼀部抜粋する転載は会員の責任範囲内で可能ですが、書籍,webサイトなどの電⼦媒体に図表を転載する場合は以下のURLを確認のうえ、申請が必要です

WFITN2021