脳血管用ガイディングカテーテル・高度屈曲対応型に関する情報提供

会員各位 2020年12月14日

厚生労働省保険局医療課から、令和 2(2020)年 12 月 11 日付けで、「特定保険医療材料の材料価格算 定に関する留意事項について」等の一部訂正について、が発出されました。
今回の訂正により、脳動脈瘤治療用フローダイバーターシステムの留置を補助する目的で使用した場合に限り算定できると改められました。今後は、フローダイバーター(血流改変機器)の動脈内留置型(Pipeline、FRED)および瘤内留置型(W-EB)が対象となります。


資料(リンク)

 

 

 

WFITN2021