脳血管内治療専門医研修のカリキュラム制への移行について

会員各位

2019年12月1日
NPO法人日本脳神経血管内治療学会

2019年11月22日に開催された総会にて報告しましたように、同11月20日の理事会にて脳血管内治療専門医研修制度のカリキュラム案が採択されました。2020年4月以降に脳血管内治療の研修を開始する医師(基本領域の研修を専攻医として開始する医師)から、現行制度に代えてこのカリキュラムを開始する予定です。非常に重要な案件ですので、会員の皆様にご確認いただき、疑問点や問題点があれば、それに対応した上で正式版としたいと思います。

別添資料1、2,3をご確認の上、質問があれば事務局までお知らせください。

なお、カリキュラム制案に対する質問・問い合わせ(jsin-hq@umin.net)は12月20日までとします。

 

運用対象

日本専門医機構の基本領域研修(専攻医)開始年 日本脳神経血管内治療学会への専攻医登録[註1] 脳血管内治療研修[註2]
2020年以降 必須 カリキュラム研修、研修手帳の活用義務づけ
2018年、2019年 必須 活用することを勧めます[註3]
制度運用なし  できるだけ登録してください 無理なく活用出来る場合は推奨します[註3]

註1 脳血管内治療専門医制度はまだ日本専門医機構のサブスペシャルティ領域に認定されていませんので、日本専門医機構の登録はありません
註2 脳血管内治療専攻医登録より前(初期研修期間など)の経験も有効とします。ただし定められた証明を要します。
註3 現在既に研修を開始されている方はこのカリキュラムを必須とはしませんが、現行制度よりも系統立っており、積極的にカリキュラムを使用することをお勧めします。

 

資料1 JSNET研修カリキュラム
資料2 JSNET研修手帳
資料3 JSNET専門医制度概要

 

第36回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 WFITN2021