各位 
2016年11月30日


2016年11月23日の理事会、同11月25日の総会で、定款と施行規則が改訂され、準会員と放射線技術部会が創設されましたのでお知らせします。

骨子1 準会員の創設 
医師以外の会員には選挙権、被選挙権が与えられていないため、非医師が本会に入会して学術集会に参加したり、委員会活動、などの学会活動を行うために、正会員とは別に準会員を設ける。

註1 医師は正会員としてしか入会できません。
註2 非医師も正会員として入会できますが、権利の制限などの理由で準会員として活動されることを想定しています。なお、現在正会員として入会されている非医師会員は、2016年度(2016.10-2017.9)から準会員に変更するよう準備を進めています。既納の年会費は精算いたします。
註3 準会員の入会受付は準備が整い次第、本HPに公告し開始します。なお、資格審査委員会の審査に基づき、医療に従事していない方など入会をお断りすることがあることを予めお知らせいたします。

2 放射線技術部会の創設 
理由:放射線防護委員会に診療放射線技師を委員として指名している。また学術総会における放射線技師部問の企画運営について、会長を補佐する部会があることが望ましいため、部会を設ける。

註4 部会員は、準会員の診療放射線技師です。準会員の入会受付が整ってから、部会活動を開始する予定です。
註5 発足時の運営委員は以下の通りです(順不同)。
   平野 透(札幌医科大学附属病院)、高橋 大樹(国立病院機構仙台医療センター)、能登 義幸(新潟大学医歯学総合病院)
   坂本 肇(山梨大学医学部附属病院)、今関 雅晴(千葉県救急医療センター )、川内 覚(虎の門病院)
   宮川 潤(信州大学医学部附属病院)、瀬口 繁信(名古屋第二赤十字病院)、 横山 博典 (国立循環器病研究センター、委員長)
   松本 一真(兵庫医科大学病院)、栗山 巧(先端医療センター)、人見 剛(川崎医科大学附属病院)
   星川 敦司(香川大学医学部附属病院)、一ノ瀬 良二(小倉記念病院)、濱田 智広(大分大学医学部附属病院 )

第33回 学術総会 WFITN2017