WFITN2021の日本招致について
 
WFITN2021年Congressを日本に召致するプロジェクト
NPO法人日本脳神経血管内治療学会 国際委員会

日本脳神経血管内治療学会(JSNET)は現在会員3,600名に及び、質量共にこの領域では世界有数の学会となっています。1995年まだ日本脳神経血管内治療研究会だった頃、滝和郎先生を会長として第3回WFITN Congressを京都で開催した実績がありますが、それからすでに21年経過しました。当時はまだ脳血管内手術で治療可能な疾患は限られておりましたが、その後の素晴らしい発展は我々会員がよく知る所です。
この度、国際委員会として、2021年WFITN Congressの我が国への召致活動を始めることをここに提案いたします。
2年に一度のWFITN Congressは全世界と我が国の脳血管内治療のさらなる発展に寄与する国際交流の場として、また本邦から世界に向けて情報を発信していく場としてもとても重要な場であります。
現在JSNETで指導的立場でご活躍中の先生方の中にはかつて北米やヨーロッパに留学し、彼の地で有数の指導者に師事して研鑽を積まれてきた方も多く、WFITN Congressを我が国でもう一度開催することは学術的にも、次世代の脳血管内治療医育成の面でも大変有意義なプロジェクトであることは自明のことと思われます。
会長には現理事長の坂井信幸先生、開催候補地として東京、横浜、神戸のいずれかを想定しておりますが、理事会等で協議して承認を経て正式決定していくプロセスを予定しています。
2017年10月16日〜19日のBudapestでのWFITN2017に参加し、General Asembly(会員総会)で投票することを呼びかけていこうではありませんか。
まずは、現在WFITNのメンバーになっておられる先生方には年会費€155-のお振込ご確認をお願いしたいと思います。そして国内外の先生方もお誘い合わせの上、WFITN2017@Budapestに参加してGeneral assemblyで投票することを働きかけましょう。投票権が確保できるか不明ですが、WFITNへの入会希望がありましたら、2017年1月19日の会議で新入会の承認を得る必要がありますので、できるだけ早くWFITN website (http://www.wfitn.org/)から入会をお済ませ下さい。
Budapestでの総会参加登録はすでにweb siteで開始しており、abstractの〆切は2017年5月15日となっています。
上記招致活動につい関係各位のご賛同とご協力が得られましたら幸いです。
引き続き国際委員として本プロジェクトの成功に向けて全力で準備していく所存ですので、皆様のご指導・ご助言を賜わりますようよろしくお願い申し上げます。
敬具

国際委員 田中 美千裕、宮地 茂
第33回 学術総会 WFITN2017