話 題
1 2001.10.10 ZAKZAK:クモ膜下出血のS・ストーンが退院
2 2002.7.14 ゲンダイネット:ゲンダイ流すこやか生活術:「脳への負担が少ないくも膜下出血の治療 プラチナコイル塞栓術」
3 2003.3.4 共同通信社:最新医療情報:「脳を血管内から治療 塞栓症も可能に」
4 2003.12.1

メディカルトリビューン:「Endarterectomyがハイリスクとなる患者におけるステント留置術」

5 2004.2.15 RESAT2002報告
6 2004.12.24 夕刊フジBLOG:脳動脈瘤を切らずに抑える「コイル塞栓術」とは?
7 2005.1.18 OMRONヘルスケア 健康・医療トピックスvol.19:脳動脈瘤治療でコイル塞栓術を選択できる時代に
8 2005.4.12 Neil Young氏がAneurysm Embolizationを受けました
9 2005.5.1 読売新聞:医療:病院の実力「脳動脈瘤」
10 2005.5.17 読売新聞:医療ルネッサンス:「脳血管内治療1」
11 2005.5.18 読売新聞:医療ルネッサンス:「脳血管内治療2」
12 2005.5.19 読売新聞:医療ルネッサンス:「脳血管内治療3」
13 2005.5.20 読売新聞:医療ルネッサンス:「脳血管内治療4」
14 2005.5.21 読売新聞:医療ルネッサンス:「脳血管内治療5」
15 2006.6.28 薬事申請情報「頚動脈ステントおよび遠位塞栓防止用器材」
16 2006.9.1 読売新聞:「CARAT study」
17 2009.11.20 急性脳動脈閉塞共同研究班報告
     
     
     
     
第33回 学術総会 WFITN2017