日本脳神経血管内治療学会 医学研究の利益相反(COI)規定運用開始について 2012.3.10  


日本脳神経血管内治療学会会員各位

日本脳神経血管内治療学会は医学研究の利益相反(COI)に関する指針、細則を定め、2012年5月1日から運用を開始することになりました。
指針、細則を利益相談のページに、申告書や関係資料を資料のページに掲載していますのでご確認下さい。
下記の要領に従って、申告が必要な方はCOI情報を申告してください。

【申告が必要な者】
1. 会員:学術集会の発表( 共同演者を含む)、機関誌における論文発表(共著者を含む)の際に必要になります
2. 学会が行う学術集会で発表または機関誌において論文発表をする非会員
3. 学会の役員、委員に就任する者

【申告対象期間】
2011年1月1日~12月31日

【申告方法】
1. 基本領域学会に申告している者は不要です。求めに応じて様式1−2の申告が必要になることがあります。
2. 日本脳神経血管内治療学会に申告する者は、細則の規定に基づいて、定められた書式を用いて申告してください。
  宛先:〒102-0074 東京都千代田区九段南2-1-30 イタリア文化会館ビル8F
       (株)メディカルトリビューン内 日本脳神経血管内治療学会COI委員会


【申告期間】
2012年5月1日~6月30日(来年以降は1月~3月を予定)

【開示方法】
1 日本脳神経血管内治療学会学術総会では、発表に際してひな形を参考に演者のCOI情報を開示してください。
  COI情報を申告していない者の発表は認められません。
2. 機関誌JNETにおける論文発表では、投稿規定に基づいて申告してください(投稿規定は現在整備中です)

【ダウンロード】
 | 指針 | 細則 | 様式1 | 様式1−2 | Form 2 | 開示スライド例(COIなし) | 開示スライド例(COIあり) |

 
 
第33回 学術総会 WFITN2017