East Asian Conference of Neurointervention (EACoN) 2012の案内  2012.5.25  


日本脳神経血管内治療学会会員各位

日中韓の3国の脳血管内治療医が意見交換をするEast Asian Conference of Neurointervention (EACoN)が2010年から始まり、2012年は韓国の済州島で開催されます。今年の当番の松丸祐司先生(虎の門病院)から下記の案内が届きましたので、お知らせします。


松丸祐司先生からのメッセージ
East Asian Conference of Neurointervention (EACON)の案内が来ています。皆さんご存じだと思いますが、韓国、中国、日本の血管内治療の交流会です。今年は韓国の済州島で9月1日に行います。シンポジウム、口演、ポスターの演題募集がきています。2010年の神戸には多くの参加が韓国と中国からあったので、日本から20人位は参加したいと思います。英語が下手でもかまいません。国際学会の練習だと思って参加しましょう。日本からの演題のdutyは以下の通りです。

Free paper (oral) 5-6題
Poster: no limitation
Symposium I: Medical treatment for intracranial stenosis 1題
Symposium II: my case presentation 2題

私がとりまとめますので、応募していただけるカテゴリーと、title, speaker, co-authors, affiliation, and abstract(字数は指定されていません。)をできれば5月31日までに松丸祐司までメールで送ってください。まず、title, speakerだけでもご連絡頂きますようお願いします。openな会ですので多くの先生にinformしてください。是非ともよろしくお願いします。

会 議  East Asian Conference of Neurointervention (EACoN)
開催日 2012年9月1日(土)
会 場  ラマダプラザ済州

【ダウンロード】
 | EACoN2012案内 |

【リンク】
 | JAL | ANA | 大韓航空 | アシアナ航空 | AIR BUSAN | チェジュ航空 | Wikipedia済州島 | K-PLAZA済州島 |
 | ラマダプラザホテル済州 |

 
 
第33回 学術総会 WFITN2017