お知らせ  平成24年度「医療放射線安全管理講習会」のお知らせ  2012.9.21  

各位
医療放射線防護連絡協議会から、「平成24年度「医療放射線安全管理講習会」開催の通知が届きました。

◆開催場所と日時:
○東京会場(第53回) 平成24年10月26日(金) 10:15~16:15
首都大学東京 荒川キャンパス内講堂 東京都荒川区東尾久7-2-10
日暮里・舎人ライナー「熊野前」駅下車徒歩3分、都電荒川線「熊野前」駅下車徒歩3分、
田端駅から都営バス端 44 系統「北千住駅行」に乗車、「首都大荒川キャンパス前」下車徒歩 0 分

○京都会場(第54回)  平成24年11月10日(土)10:15~16:15
 島津製作所本社・研修センター   京都市中京区西ノ京桑原町1
 地下鉄東西線:西大路御池駅より徒歩3分、阪神京都線:西院駅より徒歩10分

◆プログラム
開催の挨拶:10:15 佐々木 康人(医療放射線防護連絡協議会 会長)
第1部 10:20~12:00
教育講演(1) (講演時間:45分)
演題 「医療における最近の放射線安全規制」
講演者:山口 一郎(国立保健医療科学院)

教育講演(2) (11:15~12:00)  (講演時間:40分)
東京会場
 演題 「放射線のリスク*風評被害と情報発信の課題」
 講演者:松永 和紀(サイエンスライター、FOOCOM NET)
京都会場
 演題 「医療放射線関係者がおさえておくべき放射線の生物影響 *福島原発事故後を踏まえて*」
 講演者:児玉 靖司(大阪府立大学)

(昼食 12:00~13:00)
第2部 医療機関における放射線安全管理 (13:00~14:45)
(講演時間:各30分)
1. 医療施設の放射線立入検査ポント
 東京会場 大内 一也(東京都福祉健康局医療安全課)
 京都会場 三杉 隆文(大阪府健康医療部保健医療室医事看護課)

2. 新しい医療放射線管理マニュアル「2012」とは
   菊地 透 (総務理事)
3.話題提供「医療放射線防護分野から見た福島第一原発事故対応と教訓」
 東京会場  テレビアナウンサーの立場からの私見*1年半を経て*
  浜中 順子(福島テレビアナウンサー)
 京都会場  放射線不安の患者さんへの対応*疑問に答えるパンフレット作成*
  大野 和子(京都医療科学大学)

(休憩:15分)
第3部 総合討論 (15:00~16:15)
座長:東京会場 粟井 一夫
   京都会場 大野 和子(京都医療科学大学)
閉会の挨拶:菊地  透(医療放射線防護連絡協議会総務理事)

◆受 講 料:8,000円(テキスト:医療放射線管理マニュアル「2012」と「講演要旨」)
◆申込方法: FAX.またはE-メールでお申し込みください。
◆申 込 先: 医療放射線防護連絡協議会
       〒113-8941 東京都文京区本駒込2-28-45
       日本アイソトープ協会内
       Fax:(03)5978-6434 電話:(03)5978-6433(月・水・金)
       E-mail:jarpm@chive.ocn.ne.jp


資料
  平成24年度「医療放射線安全管理講習会」のお知らせ




 
第33回 学術総会 WFITN2017