お知らせ  日本脳神経外科学会認定症例代用講習会について  2012.10.29  

各位
日本脳神経外科学会の専門医制度が整備され、現在の研修医には専門医に要求される到達目標(知識、技術、症例経験)が示されています。この中では、脳神経血管内治療として、脳動脈瘤塞栓術およびステント留置術の経験が必須となっており、これらについては学会認定講習会受講を1例経験として代用することが可能(2回まで、実地に経験することが望ましい)とされています(資料1)。
日本脳神経外科学会の関連学会である日本脳神経血管内治療学会は、日本脳神経外科学会からの要請に従い、学術総会で開催する生涯教育セミナー(以下、JSNET-CEP)を「日本脳神経外科学会認定症例代用講習会」とすることにしました。
下記の開催概要(資料2)を確認の上、日本脳神経外科学会の教育訓練制度における症例代用講習会として本セミナーを受講される方は、CEP受付に備え付ける用紙に「日本脳神経外科学会の会員番号、氏名、所属プログラム」を記入して下さい。 所定の手続きを完了されない場合は証明しかねますので、ご留意下さい。


NPO法人日本脳神経血管内治療学会生涯教育セミナー(CEP)
2012年開催概要
日時  2012年11月17日(土)14:00~16:30
会場  仙台国際センター 〒980-0856 仙台市青葉区青葉山
    基本編 A会場(2F大ホール)
    応用編 B会場(2F橘)
定員  1,000名(先着順)
受講料 5,000円(テキスト代含む)
受付  2012年11月17日(土)8:00~15:15(仙台国際センター2F)

注意
1. 受付は11月17日(土)の当日のみとなります。事前参加登録は行いませんので、予めご了承ください。
2. 受付時にテキストをお渡しいたします。
3. CEPセミナー受講票は、今回は発行致しません。受付時に発券されるネームカードをもって受講票に代えます。専門医資格更新時等に必要となる場合がありますので、大切に保管してください。
4. CEPセミナーは会期後にDVDとして販売いたします。会期中にもご予約を承りますので、ご希望の方は「総合受付」でお申し込み下さい。
5. 日本脳神経外科学会の教育訓練制度における症例代用講習会として本セミナーを受講される方は、CEP受付に備え付ける用紙に「日本脳神経外科学会の会員番号、氏名、所属プログラム」を記入して下さい。

プログラム
基本編
座長 江面正幸(仙台医療センター)
1. 14:00-14:15 小児の脳血管撮影と脳動静脈シャント、小宮山雅樹(大阪市立総合医療センター)
2. 14:15-14:30 抗血栓療法の薬理と実際、佐藤 徹(国立循環器病研究センター)
3. 14:30-14:45 腫瘍塞栓と外傷、川西正彦(香川大学)
4. 14:45-15:00 BOTと誘発試験、徳永浩司(岡山大学)
5. 15:00-15:15 脊髄シャント疾患、新見康成(聖路加国際病院)
座長 東 登志夫(福岡大学)
6. 15:15-15:30 AVM塞栓術の基礎知識、松本康史(広南病院)
7. 15:30-15:45 硬膜動静脈瘻の基礎知識、里見淳一郎(徳島大学)
8. 15:45-16:00 頚動脈ステント留置術の基礎知識、小林英一(千葉大学)
9. 16:00-16:15 脳動脈瘤塞栓術の基礎知識、石井 暁(京都大学)
10. 16:15-16:30 急性期血行再建術の基礎知識、山上 宏(国立循環器病研究センター)

応用編
座長 吉村紳一(岐阜大学)
1. 14:00-14:25 脳血管内治療に必要な血管解剖、田中美千裕(亀田総合病院)
2. 14:25-14:50 Onyxを用いたAVM塞栓術のtips and pitfalls、伊藤 靖(新潟大学)
3. 14:50-15:15 硬膜動静脈瘻の塞栓術、清末一路(大分大学)
座長 兵頭明夫(獨協医科大学越谷病院)
4. 15:15-15:40 頚動脈ステント留置術の実際、松丸祐司(虎の門病院)
5. 15:40-16:05 脳動脈瘤塞栓術の現状と近未来、坂井信幸(神戸市立医療センター中央市民病院)
6. 16:05-16:30 急性期血行再建術に悪血tips、吉村紳一(岐阜大学)


資料
  1 日本脳神経学会脳神経外科研修医マニュアル(抜粋)
  2 日本脳神経血管内治療学会生涯教育セミナー2012開催概要


 
第33回 学術総会 WFITN2017