お知らせ  機関誌(JNET)に掲載された論文の別刷を発刊後に希望される場合の取り扱い  2012.8.21  


各位
機関誌(JNET)に掲載された論文の別刷を発刊後に希望される時の取り扱いが決まりましたのでお知らせします。


JNET掲載論文の別刷作成を発刊後に希望する者は、JNETの版権を有するNPO法人日本脳神経血管内治療学会(事務局)に依頼してください。
著者、共著者も同じ手続きを要します。
費用は別刷作成費相当額とし、依頼者による差はありません。

なお、JNETは商業誌ではなく特定非営利活動法人の学会誌です。JNET掲載論文の別刷を企業が依頼し配布する場合は、下記の点にご留意ください。
1 著者(共著者を含む)および別刷請求企業は、論文に開示されている利益相反関係に、万一虚偽が発覚した場合は、懲罰委員会の審議の対象になることにご留意ください。また、著者が請求した別刷を対象企業が負担し配布するような紛らわしい行為も審議の対象になる可能性があります。
2 論文公表時になかった利益相反関係が、その後生じた場合は、翌年以降に報告対象になる可能性があります。
3 昨今の医学研究者と企業との関係の透明性開示の意義を良く理解し、公正かつ適切に活動してください。




 
   
第33回 学術総会 WFITN2017