専門医、指導医更新に関する情報2007

■ 第0,1回指導医(指導医番号1-48)の更新手続きを開始します(2007.1.1)


指導医更新 申請要項(2007年1月分)
1.更新対象者
   制度発足時認定の指導医(指導医番号1~14)
   第1回指導医審査により認定された指導医(指導医番号15~48)
2.申請受付締切
   2007年2月9日(金)必着とします
3.申請方法
   申請書類(様式301、様式302-1、様式302-2、様式303)に必要事項を記入の上、締切期日までに、専門医制度事務局に郵送(書留)または宅急便にてお送り下さい。あわせて、更新手数料を振り込んでください。
4.更新手数料
同封の振替用紙にて更新手数料20,000円を振り込んでください。
2007年2月9日までにお願いします。手数料は返却できません。
5.申請書類
   以下の4種類
   1)指導医更新申請書(様式301)
   2)5年間の脳神経血管内治療に関する活動報告書(様式302-1)
   3)5年間の脳神経血管内治療に関する活動報告書2(様式302-2)
   4)5年間の脳神経血管内治療指導症例の一覧表(様式303)
   書式は同封のものを使うほか、学会ホームページ(http://www.jsnet.umin.jp/)からもダウンロードできます。その場合はプリントアウトした書類をご提出下さい。
6.指導医更新証明書
   専門医指導医認定委員会にて提出書類を審査後、指導医更新証明書を発行します。
   発行は3月頃の予定です。(現在お持ちの認定証はそのままお使い下さい)
7.指導医資格を更新されますと、自動的に専門医資格も更新されます。
        <指導医更新を希望されないが、専門医資格は維持したい方へ>
             専門医更新手続きとして、様式302-1 のみ提出してください。
             更新手数料10,000円です。
8.提出先および問い合わせ先
      日本脳神経血管内治療学会専門医制度事務局
       〒514-8507 三重県津市江戸橋2丁目174
       三重大学医学系研究科脳神経外科
       電話:(059) 232-1111内5611、FAX:(059) 231-5212

<所属施設について>
所属施設に関しては以下のように定義致します。
所属施設の定義
1.所属施設とは原則として常勤施設をさす。
2.書類上の常勤施設と実質的活動施設が違うときは、申告により実質的活動施設を所属施設として指定できる。
3.書類上の常勤施設を持たない医師については、実質的活動施設がある場合に限り当該施設を所属施設として指定できる。
4.上記以外の例外、要望事項は個別に審査する。
*実質的活動施設とは、概ね1週間に4日(32時間)以上勤務(滞在)する施設を言う。報酬の有無は問わない。
*所属施設として登録することができるのは、1医師あたり1施設のみ(原則として常勤施設)である。異動や主たる活動場所の選択により所属施設を変更することは可能だが、同時に重複して2施設以上を登録することはできない。


 
第35回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 WFITN2019 WFITN2021